新しい時代。新しい鈴鹿川。